<< ワークショップと新作受注会。 | main | 押し花とレジンのワークショップ、開催いたします。 >>

2016 Summer&Autumn。

いつもアクセサリーの方が型数が多いCurva。
4月の受注会ではアクセサリーとジュエリー、
半々位の点数をご覧いただくことが出来ます桜



2016.4受注会2

●Curva



2016.4受注会

●novia



改めまして、アクセサリーとジュエリーの違いとは。。。
先ず思うのは・・・価格が違いますね。
実際、手頃で予算内でいくつもコーディネートしやすい
CurvaのアイテムがSalonではお客様に人気ですきらきら



私自身も材料のお値段を気にせずに
思う存分デザインが出来るアクセサリー素材は
扱っていてとても楽しい素材なんです。
そもそも私自身ジュエリーのデザインで無く、
様々な素材を使えたり、予算内でもデザインの幅が広い
アクセサリーのデザインがしたいと思いこの業界でのお仕事を始めましたカオ



ただ、たくさん使うほど、新品の輝きは失われてしまったり
汗に弱かったり、変色を防ぐ為にはきちんと保管しなくてはなりません。

その点から、お手入れが簡単なジュエリー派のお客様もいらっしゃいます。
(お値段が高いだけあってジュエリーは素材に価値がありますし、
ミニマムで素材が引き立つデザインが多いですねクローバー)

でも、お洋服で言うと着崩れれば部屋着にしてしまうし、
白さが売りのシャツだってシミが付く、
お洋服はそれを理解しても買いますよね。
アクセサリーはその点をあまり受け入れられない方もいる様に感じます。

そこで、人気なのがK14ゴールドフィルドなのですが
ニッケルフリーなのでアレルギーを起こし難く
たくさん使っても剥げるのでは無く、アンティーク調に落ち着きます。
ただ溶接が出来ないのでゴールドフィルドだけでは
どれも似たり寄ったりのデザインになってしまうという、
なのでCurvaは真鍮で作ってメッキしたパーツを
たくさん使っても剥げにくい部分に織り交ぜたり、
デザインに変化が出る様に工夫しているのですあひょうパンダ



つらつらと訳がわからなくなりましたが・・・汗
どの素材にもメリットとデメリットがあるというお話しでした涙



Curvaではそういう素材の特徴を生かしてデザインを心掛けているので
アクセサリー、ジュエリーそれぞれの素材やデザインの良さを活かしながら
トータルでご提案出来ればと思っていますネックレスきらきら



いつでも肌身離さず付けるアイテムはジュエリーで。
ファッションとしてその日のお洋服に合わせて着けるアイテムは
アクセサリーという風に。
私はかなり織り交ぜて着用していて、結構基本ジュエリーで
そこにアクセサリーを足すことの方が多いかもしれません。



ジュエリーは普段買わない、アクセサリーは普段買わないという方にも
それぞれの良さを見つけて是非トライしていただきたいなと思っていますカオ



それから、金はお金になりますよね金笑い
私はアクセサリー業界出身なので
そのことをあまり意識してこなかったのですが・・・
この年になって考える様になってきました。今更ですが汗汗
だから、受け継ぎたいモノとかず〜と付けたいモノには
金を〜是非お勧めしますプレゼント



では話の続きは受注会でまた〜サキ







日々徒然・・・インスタグラムに更新しています。
フォローよろしくお願いしますサキ



maiko









 

at 16:19, curvaatelier, 自由が丘イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.curva-m.com/trackback/1580968